岩盤浴のデトックス効果

岩盤浴はデトックス効果が高いとされます。
その理由は、たくさん汗をかくから。
汗をかくと、その汗と一緒に有害金属が排出されます。
これが岩盤浴がデトックスに効くといわれるゆえんです。
もともと、スポーツでもサウナでも、汗をかけば、有害金属は排出されやすくなります。
しかし、岩盤浴ならではのデトックス効果もあるのです。
これに対して、体外毒素は皮脂腺を通じて、体内毒素は腎臓を通じて排出されます。
順番にみていきましょう。

まずは体外毒素から。
有害金属は水に溶けにくいという性質があります。
だから脂肪と結びついて、蓄積されやすいです。
つまり皮脂に有害金属は含まれるのです。
その皮脂が、皮脂腺を通じて体外に排出されやすくなります。
遠赤外線があるので、その共鳴振動作用により、皮脂腺の分泌が高まるためです。
マイナスイオンにより、皮脂の酸化を予防する助けにもなります。
このようにして、皮脂腺のつまりを解消してくれます。
皮脂がどんどん皮膚面に放出されるため、毒素が出て行ってくれるのです。

次に体内毒素について、汗をかくと、代謝力が高まります。
すると血行が良くなります。
全身の血液は1日に50回以上も腎臓を通ってその都度、老婆異物を排出しています。
代謝が高まることにより、この血液の流れが良くなり、腎族を通過し、老廃物が排出されやすくなります。

なので、汗腺が良い汗をかいている間に、知らず知らずの間に皮脂腺から排出され、さらに血行促進により腎臓から毒素が排出される、ダブルの効果があるのです。

 

ほかにも最近 あちこちで話題の

あの漫画家さんがやったダイエット方法が有名ですが。

 

ああいう プチ断食法みたいなのも効果的なデトックスともいえますよね。

プチ断食で身体の中の毒素を吐き出して、ダイエットもできて

かつお肌も綺麗になるなんて、もしかしたら理想的かもしれません。

ちょっと参考になるかもね

>>>>漫画家のブリトニーさんがやったダイエット方法

 

りんごでデトックスしましょ

りんごにはデトックス効果があります。
毎日1個の林檎を食べると、医者いらずになる、と言われているくらいです。
中でも、りんご特有の成分であるアップルペクチンによるデトックス効果はすごい。
整腸効果がすごくあるのです。
温めて食べると、さらに整腸作用が高まります。

お肌をキレイにするためには、腸内をキレイにすることが第一。
美容においてはもはや、常識です。
体に残った老廃物は、最終的に腸に溜まります。
順調にいけば、便として排出されます。
しかし、ペクチンと呼ばれる食物繊維が不足していると、腸壁にへばりついて、外に出ていきません。
健康な状態なら、ペクチンがモップのような働きをして、老廃物を、体外に排出してくれるのです。
体内に老廃物が溜まったままだと、それがまた血液に乗って全身にわたり、吹き出物としてお肌の上に現れてしまいます。
だからこそ、美容のために整腸は大切なのです。

ペクチンは、腸内のおそうじをしてくれます。
特にアップルペクチンは、他のペクチンよりも、腸内の悪玉菌をコントロールする力が強いと言われています。
そして善玉菌を増やしてくれるんです。
加熱すると、オリゴペクチンも増加します。
だから効果も倍増ですね。
だから、加熱して食べたほうが良いのです。
屋台で打ってたりするやつですね、見つけたらぜひ食べてみてください。
おうちでももちろん、つくれます。
4~8等分して、電子レンジでチンします。
善玉菌をお増やしてくれる「果糖」や、アガペシロップを足すと、さらに整腸作用が高まってグッドです。

水でデトックス

水を飲むだけでデトックスし、ダイエットできる方法があります。
1日に1.5リットルの水を飲むだけで、デトックスできます。
しかしこれは、何でもいいからただ飲めばいい、というわけではないことがポイントです。
ルールや飲む量を理解して、行うことが大切です。

私たちが生きていくために欠かせないものです。
蛇口をひねったり、コンビニでミネラルウォーターとして購入してくることもできるものですが、そのな中でも、ダイエットを目的として使うのなら、ミネラルウォーターがおすすめ。
中には、カルシウムやマグネシウムが含まれているものをおすすめします。
つまり、海外産のものですね。
日本産のものは、こうした不純物があまり含まれていません。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンには、身体の中の有害金属を取り除く効果があります。
また、脂肪や炭水化物の消費を促進したり、肌をキレイにしてくれる効果もあるのです。

なにもしなくても、汗や尿などで、1日に1.5リットルは失います。
健康を維持するために、同じ量の水を、食事以外で補給しないといけない、と言われています。
たくさん飲むと、尿量が多くなるので、自然と毒素排出できます。

ただ、一気に飲まず、小分けにして飲むようにしましょう。
一気に飲んでしまうと、お腹をこわしてしまうか、下手をすると腎臓に負担をかけてしまいます。
1回に飲むのはコップ1杯、200ccが良いでしょう。
9~10回に分けて、1.5リットルを飲みます。

デトックススープは どう?

デトックススープで体質改善したいですね。
デトックススープは、テレビで紹介されたりして、なにかと話題になっています。
デトックススープを飲むと、ダイエットやアンチエイジングに効きます。
お肌の調子も良くなります。
解毒効果のある野菜を入れて、スープにすれば、毒素が排出されて、見た目も体の中もキレイになります!
いくつかレシピをご紹介します。
基本的には、野菜を切って、だしと少々の味付けで食べるものです。

まずは、トマトを使った料理から。
材料はトマト缶1缶、キャベツ1/2玉、タマネギ大2、セロリ1本、ピーマン2個。
味付けにコンソメを2個、塩コショウを少々使います。
食べやすい大きさに切って、コンソメで煮ましょう。
体も温まって、おいしくいただけます。
毎日食べていると、みるみる体重が落ちるんですよ。
かなり大量につくれるので、冷凍保存をして、ちょっとなにか食べたいときに解凍する、という食べ方がおすすめ。

とうふ入りのレシピもあります。こちらもコンソメで味付けをしまう。
和洋折衷ですね。
トマト2個、ピーマン2個、キャベツ1/4個、タマネギ小1個、ニンジン小1本、ごぼう1/4本、にんにく2かけ、ベーコン1枚、とうふ1丁。
えのきだけを1/2パックを加えます。
味付けとして、コンソメを適量、塩・黒こしょうを適量。
エクストラバージンオリーブオイルを大さじ1加えます。
オリーブオイルを使うけど、飲んでるだけで体重が落ちます。
63キロだった体重が47キロに減った! なんていうエピソードも。

 

心のデトックスが大事

心のデトックスは、日常生活の中で、ネガティブな感情を浄化し、潜在意識をキレイにすることを目的とします。
ワークショップで行います。
まず攻略法を学び、実生活でその訓練を生かしていきます。
練習と実践を繰り返していくことにより、だんだんと自分のものになっていきます。
それが本当の自分に気づくきっかけになります。
そしてより豊かな自分自身を選択することができるのです。

心のデトックスが行われると、常に心が満たされます。
そして、安定した気持ちを維持できるようになります。
素敵な出来事が、自然と舞い込むようになります。
たいへん有益なものです。

ワークショップなので、講師がレクチャーして、それを聞いているだけ、というのとは違います。
参加者全員が習得し、自立するところまで持っていくのが目的です。
経済的な面も含め、精神全体の自立を促していきます。

ワークショップに参加された人達の話を聞くと、「本来の氏名に気づけた」「生きがいを見つけられた」という声が多くみられます。
生活全体を、バランスよく過ごせるようになります。

ワークショップで講師をつとめるのは、前田知則氏です。
誰でもカンタンにマスターできる方法を、教えてくれます。
仕事や家庭に行かせるものです。
夫婦、子育て、友情、教育など、あらゆる場面で応用できます。
人間関係を中心とする場なら、どこでも実践することができます。
心と体は表裏一体です。
浄化されると、一時的に頭痛やめまいなどが起こるケースがありますが、まもなく解消されるので、心配はありません。

玄米デトックス をしてみませんか?

玄米デトックスを行うと、効果的にデトックスできます。
中でも、玄米ご飯だけで10日間過ごすという究極の方法は、効果ばつぐんです。
痩せるのはもちろん、食事や健康に関する考え方まで変わります。
体型をスリムに、さらに体調を高め、健康を自分自身でコントロールできるようになりましょう。

玄米デトックスには、段階を追って1~7段階まであります。
一号食は、好きなものを好きなだけ食べる、という食べ方。
食事や健康に対して、無頓着な人が一号食をしています。
しかしこれでは、がんや脳卒中、心臓病にかかるリスクが高いです。
二号食は、ご飯におかずが四品つくメニュー。
ここからは全て、玄米ごはんがつきます。
これを続けていると、徐々に不正愁訴が現れていきます。
慢性病へと進行し、やがて現代病になるおそれが。
三号食はおかずが三一つきます。
四号食は、おかず三品入ります。
魚が入っても大丈夫です。
健康を考えるのなら、最低でもこのような食事をしたいです。
五号食は、味噌汁に漬物、それに季節野菜のみのおかずが一品付きます。
六号食はごはんと味噌汁、漬物というメニュー。
そして七号食は、ごはんのみ、おかずはありません。
七号食を10日間、それだけで過ごすと、体を芯からリセットできます。
おかずは一切なし。
お酒の飲まず、飲むとしたら水とお茶のみ。
このメニューを10日間続けるだけで、劇的な変化が現れます。
普通体型なら3~4キロ、ぽっちゃりなら5~8キロはヤセます。

デトックスとは何?

デトックスとは、有害物質を体外に排出させることを言います。
私たちのまわりには、大気汚染や環境ホルモン、食品添加物などの有害物質があります。
生活をしていると、これらのうちいくらかを体内に取り込んでしまいます。
デトックスとは、体の中に知らず知らずに溜まってしまった有害物質を排出することで、健康を取り戻すことを目的とします。

有害物質が体内に蓄積されていると、いろいろな不快症状が現れます。
疲れやすいとか、やる気が出てこないとか、体がだるくなるとか。
病気でもないのに、これらの不快症状が続くとしたら、体外に溜まった有害物質が原因である可能性があります。
有害物質のうち、ヒ素や鉛、カドミウム、水銀などは、特に危険度が高いです。
これらの有害重金属は、体の中にある酵素にとりつき、そのはたらきを阻害してしまいます。
有害貴金属が体内にあると、それを倒すために、活性酸素のはたらきが活発になります。
この活性酸素が、有害物質だけではなく、血管や細胞などを傷つけてしまうこともあります。
こうして、身体のさびつきが加速してしまうのです。

生きていくだけで、私たちの体の中には、有害物質が取り込まれてしまいます。
これを別名、毒素とも言います。
毒を外に出すことで、身体の中が浄化されます。
体内に溜まった毒素の内75%は便として排出されます。
20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されます。
つまり、ほとんどが便として排出されるため、デトックスを考えるなら、まず整腸が大切となります。

毛穴のデトックスしよう

毛穴が開いてきたら、デトックスをおすすめします。
体の中に蓄積された毒素を、排出させます。
皮脂の過剰分泌は、体内毒素が原因だと言われています。
毒素を排出させることがまず第一。
それと同時に、なるべく体内毒素を取り込まないことも大切ですね。
体内に毒素を取り込まないためには、食品添加物をなるべく摂取しないことが大切。
食品を選ぶときは、なるべく添加物の入っていないもの、農薬を使っていないものを選びましょう。
化学薬品の入っている化粧品や石けんもおすすめしません。
またストレスや排気ガスなどによっても、毒素の量は溜めこまれてしまいます。
毛穴に溜まった毒素を排出させるためには、デトックス効果の高い食べ物を摂取するのも良いですね。

毛穴対策のための化粧品としては、草花木果の透肌トライアルセットなどがあります。
リピート率が高く、売上350万本を誇ります。
トライアルセットは、洗顔ミルクと化粧水、マスクジェル、メーク落としオイル、美白のセット。
特製コットンが入っています。
これを使いましょう。

洗顔はとりわけ大切ですね。
濃密な泡が古い角質や毛穴汚れを取り除いてくれます。
吸着して、落としてくれます。
ゆずやローズマリーなどから抽出された精油をブレンドしています。

モンスターストレッチパックVC100は、国際特許を取得した化粧品。
スリミングパックにより、わずか10分で引き締めが可能となります。
肌汚れが取れて、透明感がよみがえり、キュッと引き締まります。